脱毛当日のお風呂って??知らないと大変なことになります

エステサロンで脱毛したその夜に、お風呂に入ってサッパリしたいと言う方も
脱毛当日はお風呂に入りたいと思う方が多いと思います。特に冷却ジェルを塗る方法だと絶対にお風呂に入りたいと思うのは当然のことだと思います。それに汗をかく季節ですと特に入りたいですよね。

 

脱毛当日の入浴ですが、施術した部位にかかわらず、結論から言うと入らないに越したことはありません。どうしても汗などが気になる場合は、軽くシャワーで済ますことです。ただその際、ボディソープなどを使ったり、浴用タオルでこすったりすることは厳禁です。女性の場合、毎日必ずお風呂に入らないと気持ち悪くて眠れない人も少なくありません。特に汗ばむ季節は、1日でもお風呂に入らないと気分がすぐれません。最近では特に、じっくり湯船につかって半身浴をする女性も多く、入浴なしの生活は無理という人もいます。しかし、脱毛を受けた当日は、どんな部位でも、シャワー欲にとどめて、湯船につかることは避けなければなりません。

 

脱毛を受けた箇所の肌は施術によって多少なりともダメージを受けているからです。ちょっとした刺激にも敏感になっているので、当日、お風呂に入ると、お湯で肌が温まって、かゆみや赤みを増長することになります。そのため、この部位ならいいと勝手に判断せず、湯船につかってはいけません。大丈夫だろうと入浴して、脱毛を受けた箇所が大変なことになっては、せっかくの施術が台無しになります。

 

 

脱毛当日は部位によってはお風呂に入れない部位があります。特に【ハイジニーナ脱毛】を受けた当日の入浴は避けるべきです。それは、脱毛直後のお肌は特に敏感になっているため、熱めのお湯に触れるのはよくありません。

 

ですからハイジニーナ脱毛の当日は、入浴を避けるか温め(人肌程度)のシャワー浴にし、シャワーの水圧もなるべく低水圧に調節して下さい。
また、シャワー後の体に着いた水分は押さえる程度にしてそっと拭き取り、できるだけ刺激を与えない様にしてやれば大丈夫でしょう。

脱毛当日の過ごし方も知っておきましょう

脱毛当日の過ごし方ですが、注意しなければならないことがいくつかあります。
まず、汗はかかないようにしなければなりません。その日は、激しい運動はしてはいけません。ただ、夏に汗をかかないのは無理なので、その場合は、優しく押えるように汗を拭き取ることです。


脱毛当日は、飲酒もできれば避けることです。お酒を飲んで顔が赤くなるような人は、特に気をつけなければなりません。脱毛当日は、制汗スプレーや化粧品の使用も避けるべきです。
また、施術をした部分は、できればその日はメイクしないほうが無難です。どうしてもという場合は、軽くファンデだけで済ますことです。そして、脱毛当日の自己処理は絶対に厳禁です。少なくとも2~3日は間隔を空ける必要があります。

 

脱毛が終わった後は、サロンでも冷やしてくれますが、肌が敏感になっている人はそれだけでは足りない場合があります。脱毛当日、自宅で冷やす場合は濡れたタオルを冷蔵庫で冷やし、脱毛部位をクールダウンするのがベストです。

 

愛知県で脱毛できるおすすめサロン